コールセンターのアルバイト

私は学生時代にクレジット会社のコールセンターのアルバイトをしていました。主にお客様からの申し込みに対する内容確認のお電話をする業務を行っていました。

このアルバイトを始めたきっかけというものは私の住む都道府県の最低賃金からすると時給がよく、また、デスクワークなので比較的体力を使わずに働くことができ、シフトの融通利くことから学業との両立がしやすかった点や更には有給休暇の制度がある点に惹かれて始めました。

いざ働いてみるとアルバイトの求人の情報とほとんど一致しており、ただ働きの時間や残業などは特にはありませんでした。アルバイトの求人に書いてあることが、実際に働き始めると全然地が違ったのですぐに辞めたという人は私の周りにはたくさんいました。中にはやめさせてくれないという話まで聞いたことがあります。そういう事がある職場のことを知ると、私はこのアルバイトを選んでよかったと思っています。

このアルバイトを選んだ理由は条件がよかったと先ほど述べさせていただきましたが、そもそもなぜアルバイトをしていたのかというと、自分の力でお金を稼いでみたいという気持ちがあったことと、大学生はほとんどの人がアルバイトをしており、就職活動などでもアルバイトのことなどを聞かれることがあるので、何か大学生活で頑張ったといえるようなことを一つでもやっておきたいという気持ちからアルバイトをしていました。

また、両親が離婚をしており、母親一人で私は3人兄弟なのですが、育てていたので少しでも助けることができたらと思ってです。母は、どうしても生活費が足りない時は頼れる人もいなかったので消費者金融でお金を借りていたことを覚えています。

特に後者においては、就職活動のときに本当にためになったと思っています。なぜかというと、私のアルバイト先ではノルマがあり、そのノルマの達成状況に応じて表彰制度などがありました。私は勉強もアルバイトも一生懸命にやっていたおかげで、常に表彰されるような働きをすることができ、そのことを就職活動でアピールポイントにした結果、評価していただき見事大手企業に内定をもらうことができました。学生時代のアルバイトは今後も社会で生かすことができたらなと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>